とよとみフットパスとは

フットパスってなに?

imgAbout01「フットパス」とは、イギリスを発祥とする『森林や田園地帯、古い街並みなど地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くこと【Foot】ができる小径(こみち)【Path】』のことです。 イギリスではフットパスが国土を網の目のように縫い、国民は積極的に歩くことを楽しんでいます。 近年、日本においてもさまざまな地域において、各々の特徴を活かした魅力的なフットパスが整備されてきています。(日本フットパス協会)

歩くだけじゃない「+α」な、とよとみフットパス

imgAbout03とよとみフットパスは、歩くだけじゃない様々な魅力が満載です。サロベツならではの自然に触れたり、日曹炭鉱の歴史を知ったり。イベントの際は木と木に専用のベルトを張ってベルトの上でバランスをとって遊ぶ「スラックライン」や川魚釣り、森遊びなどフットパスを更に楽しめる工夫が盛り沢山!

サロベツフットパス利活用プロジェクトチームについて

フットパスロングコースとショートコースを利用したイベントを実施しています。

  • 豊富町独自のフットパスイベントを開催していく事で、観光資源としての確立を目指す。
  • 豊富町のフットパスの認知度をあげ、町民の健康づくりに関する様々な活動をしていく事で、町民全体の健康増進を図り、子どもの運動能力の低下の対策としたい。
  • ゴールが豊富温泉である事から、温泉利用者が増える事が見込まれ、療養型施設を目指す取り組みにも繋げたい。
  • 療養型の温泉として有名な豊富温泉は全国から来訪する湯治客が多く、長期滞在される方が多いため、湯治の合間の余暇の活動として、また適度な運動による湯治効果の向上を図る。

メンバー構成

  • 代表:尾崎 滋 / 副代表:吉原 努
    大須賀 浩 / 栗山 尚久 / 齋藤 真由美 / 中島 まなみ / 福田 英実(五十音順)
PAGE TOP